婚約指輪の購入平均金額はどれくらい?

婚約指輪の購入平均金額はどれくらい?

「婚約指輪の金額は給料の3ヶ月分」と耳にすることがありますが、実際の婚約指輪の平均金額は少し異なります。
日本人のサラリーマンの平均月収は27万円ほどであるため、給料の3ヶ月分だと80万円ほどになります。
しかし、婚約指輪で最も多い価格帯は、20万円~40万円です。
給料の3ヶ月分に匹敵する80万円以上の指輪を購入した人の割合は全体の4%にも満たず、少数派となります。
一昔前は高額の婚約指輪を贈るのがステイタスでしたが、そこまでこだわりを持たない人が増えているようです。
そのため、予算としては30万円~40万円ほど用意しておけば、胸を張って贈れる指輪が購入できるでしょう。
また、年代が上がると平均金額も上がる傾向があります。
同じ指輪であっても、お店で購入するのとネットショップで購入するのとでは金額が異なることもあるため、色々チェックしてみると良いでしょう。
背伸びせず、懐具合に合わせた指輪を選ぶのが正解です。

低予算でも満足できる婚約指輪の選び方とは

プロポーズに欠かせない婚約指輪ですが、これから結婚をする上で色々お金がかかってくるのであまり予算はかけられないと指輪選びに悩んでいる男性は多いです。
低予算では指輪の選択肢が狭まってしまったり、相手に贈るのが失礼なのではと感じる方は多いですが、最近ではリーズナブルな価格でありながらもデザインが豊富で、クオリティの高い指輪が登場しているので、少ない予算でも満足できる指輪を見つけることができます。
10万円以下の低予算でも、価格よりも高く華やかに見せるデザインの1つとして爪でダイヤをセッティングしたデザインにすることで、アームの高さが高く光を反射してキラキラと強い輝きを放つことで、実際よりもダイヤを大きく存在感のあるように見せることが可能です。
また指輪のアームとダイヤにコントラストを出すデザインなら、アームをゴールドにすることでプラチナよりもダイヤの存在感が増して見えるようになるので、10万円以下の予算でも満足できる婚約指輪を選ぶことができます。

著者:綱島弥太郎

筆者プロフィール

神奈川県秦野市生まれ。
高級ブランドの販売員として数多くの婚約指輪を販売。
婚約指輪選びのポイントをまとめました。