婚約指輪で失敗しないために押さえておきたい基礎知識をわかりやすく解説!

当サイトでは、婚約指輪で失敗しないために押さえておきたい基礎知識をわかりやすく解説しています。
結婚の約束をする相手にプレゼントすることを検討しているなら、参考にしてください。
エンゲージリングの購入平均金額はどれくらいなのかも説明しているサイトです。
購入する際の予算を考えるときに参考になるはずです。
またエンゲージリングはどこで購入できるのか知りたい人向けに、購入場所ごとの特徴もご紹介しています。
これから指輪を買う予定がある人必見です。

婚約指輪で失敗しないために押さえておきたい基礎知識をわかりやすく解説!

婚約指輪の基礎知識を知って、指輪購入の失敗を避けようと考えている人もいるのではないでしょうか。
婚約指輪は既製品やフルオーダー・セミオーダーメイドで手に入れることができます。
価格は素材の金属の純度や宝石の重さ、デザインなどによって異なります。
一般的に有名ブランドの方が、無名のブランドの婚約指輪よりも価格が高いです。
婚約指輪はブライダルジュエリーショップで売られていて、実店舗や通信販売などで購入できます。

そもそも婚約指輪とは?結婚指輪との違いは?

結婚の準備で欠かせないもののひとつに指輪の用意があります。
結婚に関するものでは、婚約指輪と結婚指輪があります。
購入する前にはそれぞれの違いをよく知っておきましょう。
まず、婚約指輪は婚約の証として男性から女性に贈る指輪です。
プロポーズのときに渡されることも多くなっています。
これは女性だけが着けるもので、男性用はありません。
デザインは大きめのダイヤモンドがついた華やかなタイプが多く、普段使いの指輪というよりはパーティーなど特別な場面にふさわしいリングです。
これに対して、結婚指輪は夫婦の証として二人で着用するリングです。
普段使い用ということもあり、シンプルなデザインが選ばれる傾向があります。
結婚式の指輪交換のときに使うリングでもあります。
一般的にはこのふたつの指輪を用意することが多くなっていますが、どちらかひとつだけを選ぶこともできます。
最近では、結婚指輪と婚約指輪の両方を兼ね備えたタイプも増えてきています。

婚約指輪を購入するタイミングについて

イメージとして定着しているのは、プロポーズをする際に婚約指輪を一緒に手渡す様子でしょう。
ただし、プロポーズを断られる可能性もあるので、タイミングとしては承諾を得てから一緒に買いに行くのが一番です。
彼女に納得してもらえる婚約指輪を贈る事が出来ます。
どうしてもサプライズをしたい場合には、店舗で相談をしておくとプロポーズの際に仮の婚約指輪を手渡して、後日彼女の指のサイズに合う物や別の商品に交換をしてもらう事も可能です。
指輪の種類は豊富なので、自分で選ぶのが大変な場合は彼女に婚約指輪を渡したい事を打ち明けて二人で選びに行きましょう。
近年では通販でも購入が出来るので、自宅で二人で選んで届くのを待つだけという手段もあります。
注意点は自分の指のサイズの把握が必要不可欠です。
今まで指輪を身に付けていなかった方、痩せてサイズが変わっている場合はリングゲージなどを使って事前にサイズを調べてから注文を行いましょう。

婚約指輪を二人で選ぶメリット・デメリット

近年、婚約指輪を男性が一人で購入するのではなく、カップルで一緒に選ぶ方が増えています。
プロポーズの際にサプライズで婚約指輪を渡したいという男性も多いかと思いますが、二人で選ぶとリングサイズを調べる手間を省くことができます。
相手に知られずにリングサイズを調べるには、就寝中にこっそりと指に糸などを巻きつけて調べるなどしなければなりません。
しかも、女性の身体はむくみやすいため、しっかりとサイズを測ったつもりでも、購入した指輪が合わない可能性もあります。
しかし、二人で選べばリングサイズをこっそり調べる必要はありませんし、彼女の指にピッタリの指輪を購入することが可能です。
また、女性主導で指輪選びを進められるというメリットもありますが、一方で二人で選ぶと当然ながらサプライズ感は失われてしまいます。
プロポーズの際にサプライズで婚約指輪をもらいたいと思っている女性は少なくありませんが、二人で一緒に選ぶという選択をしてしまうと彼女の憧れを叶えることができなくなってしまいます。
加えて、値段が彼女に分かってしまうのもカップルで選ぶデメリットのひとつです。
婚約指輪の値段は決して安いものではないので、遠慮して自分好みの指輪が選べないという女性は少なくありません。

結婚後に婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする方も多い!

恋人が存在するような場合は結婚を意識するタイミングもあると考えられますが、婚約したいと考えている場合は婚約指輪を用意するといいかもしれません。
告白をするときに男性がサプライズで用意して女性にプレゼントするようなことも少なくありませんが、婚約指輪とは別に結婚するときに結婚指輪も用意することになるはずです。
そうなると二つの指輪が存在することになりますから、片方は保管しておくようなことも珍しくありません。
ただ二つの指輪を重ね付けするようなこともありますから、指を効率的に華やかにすることが可能です。
そのため婚約指輪と結婚指輪を両方とも購入することで、より素敵になることができますから、基本的には両方とも購入したほうがいいかもしれません。
各自で自由に使用していくことができますから、それぞれの考え方にあわせて活用していくのが大切です。
結婚指輪を紛失してしまったときに、婚約指輪で代用するようなこともありますから、いろいろな選択肢があります。

著者:綱島弥太郎

筆者プロフィール

神奈川県秦野市生まれ。
高級ブランドの販売員として数多くの婚約指輪を販売。
婚約指輪選びのポイントをまとめました。
婚約指輪を選ぶならこちら